コレステロールについての説明|蔵出しごま酢

コレステロールについての説明|蔵出しごま酢
Line

コレステロールについての説明|蔵出しごま酢


コレステロールについての説明

コレステロールは脂質の一種で、細胞膜を作る重要な働きをします。

もしコレステロールが少ないと、細胞膜がうまく作れないので免疫力が低下して体が弱くなってしまうんですね。

コレステロールは1日に1000~1500mg必要とされており、体内で生成される分と食物から摂取する分があります。

上記の説明だけ聞くと、体に良いイメージですが多すぎると体調不良を起こします。

コレステロールには悪玉と善玉の2種類が存在します。

悪玉のほうが増えてしまうと、血管のなかにこびりついてしまい血液の流れを悪くしてしまいます。

この状態が悪化してしまうと、血行障害が起きて脳梗塞などの病気が発症してしまいます。

これを防ぐには悪玉コレステロールが増えない食事をするか、減らすために運動をするか、善玉コレステロールを増やすしかありません。

善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

ここまでの説明を聞くと非常に体に有効な成分だと思うでしょうが、多すぎると体調不良を起こします。


年下の一般男性と結婚し、脳梗塞で緊急入院した磯野貴理子さん、乳がんと脳梗塞を経験した知性派タレントとしておなじみの麻木久仁子さん、若年性脳梗塞を発症したテレ東の人気アナの大橋未歩さん、急性心筋梗塞を発症したこともある宝塚出身の人気女優の天海祐希さん、小脳梗塞を患ったミスチルのボーカルの桜井和寿さん、
Line